パニック障害 治療したい時は何科?あなたにぴったりの病院を探すコツ

こんにちは。

奈良でアロマヨガ教室OUSIAを主宰しているAyanoです。色々試してパニック障害から克服できた私の経験をもとに、今回は病院選びのことも書いてみようと思います。い

私はヨガのインストラクターで、健康へ導くことを生業としているので、周囲からは「先生は病院に行かず、自然療法や民間療法で治すのですか?」と、よく聞かれます。そんなことはないですよ。人より少ないかもしれませんが、薬も飲むし病院にもお世話になります。

ただ、「自分で自分を健康にできることを導いてくれる病院(医者)選びに重きを置いています。お医者様に頼りっぱなしではなく、自分の本来もってる力でも健康になりたい方に向けて、今日は病院選びのコツを書いていきます。

パニック障害を克服するための病院選び

東洋医学か西洋医学か?

〈医学〉といえば、おおよそ「西洋医学」をイメージする方が多いと思います。でも実は東洋医学も医学なんです。ヨガは自然に通ずるもので『自ら健康になる』という思考が強いため、ヨガ仲間では、東洋医学を推奨する人が多い気がしますが、私は少し違って、両方のいいところをうまく取りれたらいい。と思っています。何事も偏らず、中庸(真ん中)から広い視野で見る方が得れることは多いですからね。私がヨガっぽくなく、西洋医学も使う理由は過去の自分の病歴にあります。

パニック障害の通院と投薬

自己紹介でも書いていますが、20年前の私はひどいパニック障害でした。初めて起こったのはロンドンの地下鉄の密集空間。もう、思い出しただけで吐きそうです。話を戻します。そのひどい発作が起こる最中に【根本治療】云々なんて考えられないですよ。だって、「今すぐ!速攻」で発作を鎮めたいのですからそんな時の知人の「薬はやめとき〜」などのアドバイスはありがたいけど、ちょっとうざいです(笑)あなたに、私の気持ちなんてわかるわけないやん!と卑屈に思ってしまう自分を後悔したり……話を戻します。そう、緊急時には罪悪感なく通院して薬を飲んで、少し楽になってから減らすことや、やめることを考えていったらいいと私は経験上思います。パニック障害の早期回復の鍵は「パニックが起こらない。大丈夫という成功体験を積み重ねていくこと」と言われています。苦しい時期は薬があると大丈夫!というお守りがわりにもなるのでそういった意味でも必要かもしれません。ただ、注意点があるので、声を大にして言いたいことを次に書きます。

病院探しの注意点

お医者様もプロです。ですから、この人にあうと思って投薬するんでしょうけど、まれに違う薬の方が効く場合もあるんです。そして、人によっては強烈な眠気に襲われたり、思考能力が低下してボーっとしたりと、副作用も違うので先生にウザがられるほど色々聞くことをお勧めします。もしくは、元気な時にネットで、その薬を調べる。知識を増やす。〈納得して〉服用する(←ここ大切)そして、やたら大量に薬を処方する先生は要注意です!病院を変えることは勇気と面倒が付きまといますが、下の記事の「選び方」を参考に自分にぴったりの病院(医者)探しをしてください。

自分の力で治すことを導く病院(医者)

根本治療を導いてくれながら、今の発作も鎮めてくれる。そんな都合のいい病院(医師)なんて…いるんです。探せば。そもそも、根本治療を教えてくださる先生というのは、西洋医学の医師免許も持ちながらも東洋医学を勉強されている方!このような医者に出会えれば、もう治ったも同然です。

根本治療もできる病院(医者)の探し方①

探す時はネットであろう、という大前提の元で書き進めます。東洋医学にも携わる医者を検索するお勧めワードが「東洋医学」「統合医療」「漢方」プラス地名、プラス病名です。例えば人によりますが、「パニック障害 漢方 内科 ◯◯県」「漢方 心療内科 ◯◯市」「統合医療 パニック障害 ◯◯郡」などをお勧めします。(検索ワードは色々と工夫してみてくださいね。お住いの地域にあてはまる病院がない場合などもあります)漢方薬は病院ででも投薬してもらえ、薬のように即効性はありませんが、治る根本的な力をくれるのです。漢方を処方する先生の多くは患者さんの本来持つ治る力も応援してくれる先生が多いと私は感じるのでお勧めです。

根本治療もできる病院(医者)の探し方②

次のキーワードは「栄養科」です。なーんだ、と思わないでください。何を隠そう私はこの栄養科の医師との出会いで人生が変わったのです。心が弱いから、母親からの遺伝だから…それまでは散々と、パニック障害になった原因を人から言われて自分を責めたり親を恨んだりしていましたが、栄養科の先生曰く、「そもそもの元を辿れば、今のあなたの体を作っているのは「食べたもの(栄養)なんですよ。パニックになるのはもちろんストレスや思考グセなどもありますが、栄養の偏りや、食事の取り方などで大きく改善します。腸に穴が空いていて栄養がダダ漏れ…という、リーキーガットで栄養不足でめまいや息苦しさも起こります。腸を整えて栄養と酸素を脳へ送ってあげれば、パニックもなくなります」と言葉をいただけたことが心強くて安心できたことを覚えています。そして、この先生のご指導のもと、血糖値を急激に上げない食べ方に変えたことで自律神経も整い、健康の基礎が作られたと思います。基礎ができていると、多少ストレスがかかっても左右されない身体になるのでパニックも起こらなくなりました。安定剤でザワザワをぼやかすだけの対処療法ではなく、根本から元気へと導いてくれる、そういった観点から「栄養科」もお勧めします。

まとめ

薬はダメなのではなく副作用がある場合も考慮し、処方される時は、疑問点を質問する。自分でも調べて納得して服用すると安心できますよね。流れ作業でただ、大量に薬を出す〈対処療法〉の病院ではなく、その人にあった〈根本的に治っていくことを導いてくれる〉お医者様を見つけること。こういった出会いも「安心感」につながるので焦らず探してみてください。結果、私のお勧めする種類の病院(医師)でなくても、あなたがしっくりきて安心できるところが見つかればそれが1番かもしれません。〈安心感と信頼〉が何よりの薬ですから。

最後になりましたが、症状が安定してきたらぜひ毎日の食べ物や生活習慣も見直してみてくださいね。私の周りには食事の大切さを広めているプロもいるので、何から始めていいか分からない場合はご紹介もできます。関西の方なら私がヨガの呼吸法などご指導させていただけます。お気軽にお問い合わせください。全力でサポートさせていただきます。

合掌



〈眠れる癒しの呼吸法〉誘導CDのご案内

日頃のストレスが溜まって
不安やイライラで寝れない人。
胸がザワザワしんどい人。
呼吸法のやり方がわからない人が、

ゆらぎ音楽に身をゆだねて
自分にぴったりの呼吸を見つけられる、

ヨガ的に柔らかくアレンジした自律訓練法で
自律神経も整えることを目的とした瞑想の誘導で

スーッと落ち着く、

そんな「あなただけの癒しのヨガ呼吸法」の
CDを製作しています。

これから順に、音を深めて
誘導の声も大切にのせてまいります。

2018年新春に完成予定

呼吸法 CDのご案内

 


奈良のヨガ教室のご案内

体験は随時OK!お気軽にいらしてください。

ヨガ教室のご案内

 

The following two tabs change content below.
彩仍(アヤノ)
がんばらないヨガと呼吸法で 不安を癒すアロマヨガ教室OUSIA(ウーシア)ヨガインストラクターAyano。パニック障害やうつなどで心が不安定な方、健康や姿勢に悩みのある方など、9年間で800人を超える方を指導。 個人宅、企業様などへの 〈出張ヨガ〉も積極的に活動。 〈五感から脳への働きかけ〉を重視し、 嗅覚からは《アロマ》 聴覚からは《シンギングボウルの1/fのゆらぎ音》 などのヒーリング音楽やアロマ精油の厳選にもこだわりを持つ。 自身のパニック障害で苦しんだ過去の経験から、 頑張らずに、人目を気にせず体調や気分のままにに参加できるヨガ。 そんな、心も身体もゆるゆるになる癒しのプログラム作りに力を入れ、 生徒さんがストレスや不調から解放されて、 イキイキと生きることのサポートに全力で取り組んでいる。 現在は〈寝転んで聴いているだけで癒され、安心する音と呼吸法の誘導〉を届けるため、シンギングボウル倍音セラピストとしても幅広く活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

彩仍(アヤノ)

がんばらないヨガと呼吸法で 不安を癒すアロマヨガ教室OUSIA(ウーシア)ヨガインストラクターAyano。パニック障害やうつなどで心が不安定な方、健康や姿勢に悩みのある方など、9年間で800人を超える方を指導。 個人宅、企業様などへの 〈出張ヨガ〉も積極的に活動。 〈五感から脳への働きかけ〉を重視し、 嗅覚からは《アロマ》 聴覚からは《シンギングボウルの1/fのゆらぎ音》 などのヒーリング音楽やアロマ精油の厳選にもこだわりを持つ。 自身のパニック障害で苦しんだ過去の経験から、 頑張らずに、人目を気にせず体調や気分のままにに参加できるヨガ。 そんな、心も身体もゆるゆるになる癒しのプログラム作りに力を入れ、 生徒さんがストレスや不調から解放されて、 イキイキと生きることのサポートに全力で取り組んでいる。 現在は〈寝転んで聴いているだけで癒され、安心する音と呼吸法の誘導〉を届けるため、シンギングボウル倍音セラピストとしても幅広く活動中。