Q&A

よくあるご質問

こんにちは。アロマヨガOUSIA奈良のAyanoです。体験や入会時によくある質問をまとめてみました。このほかの質問は下記のフォームからお問い合わせください。

Q、初心者です。足を引っ張って他の生徒さんに迷惑になりませんか?

A、ヨガは発表会などの期限がないので途中入会でも全く問題ありません。また、初心者の方ができないポーズなどがあってもクラス全体の流れを止めない誘導をしながらサポートしているので、他の生徒さんに迷惑がかかることは全くありません。万が一あったとすればそれは指導者側のスキルの無さです。(笑)みなさんも初心者からスタートしている時期があるので大丈夫です。

Q、硬い私でもヨガができますか?ついていけるか不安です。

A、OUSIAのヨガの目的が『柔らかくなること』ではないので硬い方でも大丈夫です。気持ちいい動きをただ繰り返しているうちに筋肉が緩みだして自然と柔軟性がUPしたり姿勢が改善されているのです。また、手が届かない場合は専用ベルトなど、補助器具を使うのでご安心ください。

Q、固すぎて、あぐら座で座ることもしんどい(男性)

A、奈良で唯一、ヨガ専用の補助器具が揃っているOUSIAでは辛さを軽減して座って頂けます。クッションなどをお尻の下に敷き、高さをだして楽に座ることを誘導します。ひざ痛や腰痛の方にも同じく補助器具でサポートするのでご安心ください。

Q、服装は?着替える場所はありますか?

A、動きやすい服装ならどんなものでも大丈夫です。Tシャツやトレーナーのかたも多くいらっしゃいます。お持ちでしたらぜひ、ヨガウエアでご参加ください。着替えるスペースはございます。

Q、途中で息が苦しくなったり火照って暑くなったりします。レッスン中でも出入りして大丈夫でしょうか?

A、静かにはお願いしておりますが、出入りは自由です。トイレに行かれてもそのまま帰られてもかまいません。しんどくて無理されるより、帰られる勇気の方を私はリスペクトします。お気持ちのまま行動なさってください。

Qヨガってダイエットや歪み改善に効果ありますか?

A、あります。正しくは、効果が早く表れる方がおられます。ヨガレッスンでは僧帽筋などの大きな筋肉をしっかり動かし代謝をあげるのでエネルギーも消費しダイエットにもつながります。熱量もUPするので冷え性改善にも効果があります。ただ、極端な話をすれば、週1回、1時間のヨガでエネルギーを使っても、毎日ケーキやラーメンを大量に食べていれば効果が出るわけもありません。歪みも同様に、レッスンで整えたとしても、それ以外の時間、歪んで座っていたら歪みますし肩も凝ります。要はレッスンで覚えたことをどれだけ日常に取り入れられるか?が効果が出る出ないのポイントになります。でも、何もしない1年より、少しでも動く1年の方が目的には近づけるということです。OUSIAはメンタル面もサポートいたします。一緒に目標に向かって頑張りましょう。

Q仕事のシフトで毎週通えません。バラバラな曜日で参加できますか?

A、はい。OUSIAの参加方法は自由です。満員であればお断りする場合もございますが、スペースに余裕があれば、振替やクラス変更なども可能。同じ曜日に通えない方は来れる月曜木曜金曜を使って月に4回来ていただいて大丈夫です。また、4回も通えない方は1回参加も大歓迎です。月に1回、2ヶ月に1回など、逆にたくさん来たい方は週に2回、3回も可能です。来たい時にいらしてください。

アロマヨガOUSIAは体験は随時OKです。
予約の上、お気軽にいらしてください。

  • 出張ヨガのご案内はこちら
  • お寺でヨガについてはこちら
  • 個人レッスン・グループレッスンはこちら

お問い合わせはこちら↓

お問い合わせ・ご予約

 

 

 

The following two tabs change content below.
彩仍(アヤノ)
がんばらないヨガと呼吸法で 不安を癒すアロマヨガ教室OUSIA(ウーシア)ヨガインストラクターAyano。パニック障害やうつなどで心が不安定な方、健康や姿勢に悩みのある方など、9年間で800人を超える方を指導。 個人宅、企業様などへの 〈出張ヨガ〉も積極的に活動。 〈五感から脳への働きかけ〉を重視し、 嗅覚からは《アロマ》 聴覚からは《シンギングボウルの1/fのゆらぎ音》 などのヒーリング音楽やアロマ精油の厳選にもこだわりを持つ。 自身のパニック障害で苦しんだ過去の経験から、 頑張らずに、人目を気にせず体調や気分のままにに参加できるヨガ。 そんな、心も身体もゆるゆるになる癒しのプログラム作りに力を入れ、 生徒さんがストレスや不調から解放されて、 イキイキと生きることのサポートに全力で取り組んでいる。 現在は〈寝転んで聴いているだけで癒され、安心する音と呼吸法の誘導〉を届けるため、シンギングボウル倍音セラピストとしても幅広く活動中。